-肘の専門外来 | 鳥取市湖山町 とっとり中央整骨院

肘の専門外来

肘の症状はスポーツや仕事で使い過ぎることによって生じる肘周囲の組織の炎症で、動かすことは可能だが、痛みを伴う病気です。特に肘の内側、外側に現れることが多いですが、肘の後面や前面に現れることもあります。痛みの程度は筋肉痛のような重たい痛みから、じっとしていてもうずくような重度の痛みまで様々で、最悪の場合は手術が必要になることもあります。肘の症状で代表的なものには、「内側上顆炎(ゴルフ肘」と「外側上顆炎(テニス肘」が挙げられます。内側上顆炎は前腕の屈筋群の筋緊張が強くなると、起始部である内側上顆に牽引ストレスが加わり、炎症を起こしてしまいます。金槌を持ったり、重たいものを持った際に痛みを生ずることが特徴です。外側上顆炎はテニス肘とも呼ばれますが、テニスやバドミントンでのバックハンドで前腕伸筋群の筋緊張が繰り返し上腕骨外側上顆といわれる部分にストレスを加え、炎症を起こしてしまう症状です。スポーツだけでなく、日常生活でも起こりやすく、雑巾を絞ったり、ドアノブを捻ることが辛くなるのが特徴です。
肘の痛みは、仕事などでの誤った体の使い方や不良姿勢などに原因があることが多く、痛む部位だけでなく身体全体のバランスや柔軟性を改善することが必要です。湿布や痛み止めでは効果がない方、老化現象と諦めている方に痛みなく動かせる喜びを感じていただけるように治療いたします。

肘の痛みの主な症状

  • 手首や指を少し動かすだけで「ズキン」と痛む
  • じっとしているだけで鈍痛が続く
  • 肘が腫れる、熱を帯びる
  • うまく手を動かせない
  • 物をつかむ、捻る、子どもを抱くなどの瞬間に痛みが走る
  • 痛みがなかなかひかずに長引いている

当院での施術で期待できる効果

  1. 痛みの改善
  2. 日常生活動作の改善
  3. 腫れ・むくみの改善
  4. 趣味やスポーツが楽しめる

当院での治療法

エコー検査(超音波画像検査)

初回検査時や経過観察にエコーによる観察を用います。エコー検査は、骨だけでなくレントゲン検査では観ることができない筋・腱・靱帯・軟骨等の軟部組織の画像描出に優れており、またCTやMRIのような静止画像だけでなく、リアルタイム(動的)な筋・腱・靱帯の損傷評価も行うことができます。エコー検査を行うことで、感覚や触っただけでは分からない患部の状態を画像で評価し、詳細な病態・病期や施術の判断が可能になります。

手技治療
腱鞘炎に関連する腱・腱鞘・筋肉・筋膜・靭帯・骨膜の硬さや癒着を取り除く治療です。腱鞘炎は、手や手首を酷使している方に見られる症状なので、その筋肉なども疲労により硬く・緊張しているケースが多く見られます。
手や手首の腱や筋肉は、肩甲骨までつながり関連しています。肩甲骨の可動域が低下している方は、それだけで腱鞘炎も治りづらい状態になっているので、その場合肩甲骨周囲に対しても手技療法を行う必要があります。

ハイボルテージ治療
ハイボルテージ療法は、高電圧電流による電流刺激を、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達させ、直接患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力の促進する治療法です。
従来の電気治療法に比べ、身体の奥深い患部への直接のアプローチができるため、非常に高い鎮痛効果と即効性が望めます。
ハイボルテージ治療について詳しくはこちらへ

超音波治療

超音波とは、人間の耳では聞こえない程の高い周波数で振動する音波のことを指します。患部に温熱や振動を与えることが可能で、それにより血管を拡張させ損傷や炎症が起きている腱や腱鞘を治療することができるので、腱鞘炎の早期改善に効果的です。
超音波治療について詳しくはこちらへ

体外衝撃波治療(ショックウェーブ)

衝撃波を皮膚の上から患部に照射する治療法です。衝撃波は痛みの部位に照射され、そこに治療効果を生じさせます。当院では筋肉、腱、靭帯、骨膜、軟骨など多くの部位に治療が可能で疼痛改善に効果が期待できます。
体外衝撃波について詳しくはこちらへ

手の専門外来 料金

 

とっとり中央整骨院は、患者様一人ひとりの状態に合わせた「完全オーダーメイド施術」で、一時的な症状緩和ではなく根本治癒を目的とした治療を行っております。

5万件を超える豊富な施術経験から編み出された当院独自の治療法「頭蓋仙骨矯正」などで、お身体を最良の状態に導いていきます。

些細な症状でもお早めにご相談ください。

各症状説明

気になる症状を選んでクリックしてください。

内側上顆炎(ゴルフ肘)

外側上顆炎(テニス肘)

野球肘


診療カレンダー

アクセス情報

所在地

〒680-0941
鳥取県鳥取市湖山町北3丁目201-14

駐車場

30台あり

休診日

水曜・祝日